アガリクスとは

アガリクスとは

アガリクスとは

アガリクス茸は、学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、和名を「ヒメマツタケ」・「カワリハラタケ」といいます。

アガリクス茸がいつから存在するのか定かではありませんが、少なくとも1800年代の後半には薬用きのことして認められていたという文献が存在します。ところが世界中の研究者たちに注目されるようになったのはごく最近のことです。

1960年、アメリカ・ペンシルバニア州立大学教授のシンデン博士と、ランバート研究所のランバート博士が、アガリクス茸が自生していたブラジルサンパウロ州ピエダーテ地方周辺の住民が健康で長寿を誇っていたことに注目したのが最初です。原因を調査したところ、住民がアガリクス茸を常食していたことが分かり、それが影響していると突き止めたのです。

アガリクス茸には、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素が含まれていますが、最も注目に値するのが、他のきのこに比べて、きのこ特有のβ-グルカンが豊富なことです。

アガリクスの特徴

健康維持に大きな期待がもたれ、世界で研究が進むアガリクス。その健康作用についての科学分析が進むほどに、アガリクスには測り知れない可能性を秘めていることがわかってきました。

ホクトのきのこ総合研究所においても、内外の研究者や学府とも連携し、科学分析と実証実験を重ねています。アガリクスには、食物繊維やß-グルカンなど健康維持に大きな働きをもつ成分が含まれていることがわかっています。

ホクトは独自の栽培方法により、これらの成分を向上させた、より高品質なアガリクスの生産を行っています。私たちは、「生アガリクス」が持つ力を一つひとつ科学的に解明し、今後も科学的根拠(エビデンス)のある商品開発を目指していきます。

ぜひ試験資料をご請求ください。 » 今すぐ試験資料を請求する。

ココが違います!!
βグルカンはもちろん、ホクトの生アガリクス茸には、
天然の必須アミノ酸まで豊富に含まれています。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター

アガリクスの生長過程

なかなかお目にかかれないアガリクスの生長過程をお見せします!


収穫の時期になると1時間に1センチくらい伸びるアガリクス。そして最適な時期はすぐに去ってしまい、傘が広がると苦くなってしまいます。収穫しても2日ほどで腐ってしまうため、生の状態ではなかなか流通しません。

収穫日にクール便で直送する予約販売を行っております。収穫日のお問い合わせは、フリーダイヤル0120-58-4910まで。

» ご購入はこちら

定休日のお知らせ
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ご注文確認後、5営業日以内に発送致します。

ページトップへ